スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしい♪

P1010622 (800x600) P1010624 (800x600) P1010625 (800x600)
ご当地キャラ、ねり丸のどら焼き。ごま味です。
焼いてみました、あんずのタルト。思ったよりも酸っぱい。
「アン」に出てくる、マリラの「プラムケーキ」、作ってみたいけど、レシピがないので・・・。

P1010626 (800x600) P1010634 (800x600)
父の誕生日に、影膳ならぬ、影ケーキでお祝い。横は、ビーフシチューコロッケ。
お肉たっぷりで、思ったよりもおいしい。

P1010628 (800x600) P1010629 (800x600)
マダム・シンコのブリュレ・ケーキ。
おいしいです、リピートするかも。

P1010635 (800x600) P1010636 (800x600) P1010637 (800x600)
今年は15キロつけました、梅干★
この時期には、マイお水がかかせません、
アナユキのペットボトル。

デイズニー、往年の名作を次々実写化

ダンボ実写化に、疑問の声

CGの世の中ですから、なんとかしちゃうんでしょうけど、
ダンボ [DVD]ダンボ [DVD]
(2006/03/17)
ディズニー

商品詳細を見る


昔の名作を次々実写化って・・・・、ねえ。
よっぽど企画が手薄になってきているのかな、デイズニーも。

マレフィセント は、アンジーの最近の活動に大きな疑問符がついているので、見に行きませんでした。
オリジナルの放送をテレビで見ましたが、チャイコフスキーの名曲を使い、お話も見事にアレンジされていて、
素晴らしい出来でした。

マレフィセントを褒めている人は、オリジナルを見たことがないんですね。
一度ぜひ、見てほしいと思いました。
眠れる森の美女 [DVD]眠れる森の美女 [DVD]
(2003/03/19)
メアリー・コスタ、 他

商品詳細を見る



そして、かつての名作を実写化するっていう企画は・・・・、
無謀だと思います。

マレフィセントでも、王、王妃、オーロラ姫、王子、
ことごとく問題なのは品がない。

いっそのこと、昔の映画、アニメのままでまた映画館で上映してくれたら・・・、
っていうのは、ダメ?



いつのころからかな、
デイズニーの王子様はカッコ悪くなった と言われ始めたのは、ヒロインたちが強くなってきてからだと思うけど、

今度のマレフィセントでも、男性の扱い・・・・・王や王子・・がひどいらしいですね。
そこにどんなメッセージが込められているのか、
ちょっと気になります。

女性が強くなっても素敵な男性といい関係が築ける・・・、
そんなお話を見てみたいんですけど。

女性が強くなったら、男はいらないよ、
じゃあ、つまらないんじゃない?

雄星、復活
288日ぶりの勝ち星


昨日は偶然長女が球場に行き、
ナマ雄星を見ることができたんです!

しかも久々の勝ち星というおまけつき!!!

「テレビで見るより、ずっと横幅があって、高校生の時に比べるとおしりも太ももも大きくなっていた!」そうで、
地道にトレーニングしているんですね。

頑固、地味、耐える、
東北人。

頑張れ!!!!

貧困の連鎖

高校受験で都立一本しか受けられない生徒が増えていると聞きました。

母子家庭の女の子・・・・。

落ちた場合は、通信制に進学するそうです。
貧困がまた、貧困を呼び込む負の連鎖。
おそらく、塾に通うこともできない経済状態でしょうし。

深刻な問題です。

学年ビリから、慶応へ

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
(2013/12/26)
坪田信貴

商品詳細を見る


売れているそうです。
私は読んでいませんが、
確かに売れそうだな~と思いますね。

出来る子は問題ないんです、
自分でなんでもちゃっちゃとするし、
公立中学でも都立トップ校に進む子は、入ったときからすぐわかる、
オーラが違うなんて言われますしね。


問題は、普通の子。
もしくは、普通以下の子・・・。

そのわが子を何とかしたい!という親が手に取るんでしょう。
わかります、わかりすぎるほどわかります。
普通クラスの子にしてみたら、マーチクラスでも御の字、早慶なんて、雲のかなたですもんね。

次女も、公立中学で最初、オール2という成績だったので、
どうなることかと思いましたが、
数学! ですよね、

中学受験の時には絶望的にできなかった算数、でも実は理系だったということがわかった。
これが大きな転換点だったと思います。

学力の割には内申が低すぎ、都立には行けず、

でも本人なりに頑張って、志望の大学に合格できた。
結局は、モチベーションってことかな。

親にできることはせいぜい、子供の足を引っ張らないこと・苦笑
いるんですよね、
成績が下がると怒るだけ、の親。

一番つらいのは本人ってのが、親の頭からも抜け落ちている。


励まして、励まして、心が折れないように気を使った6年だったけど、
あとはもう、本人次第。
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。