スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高校紛争」という忘れ去られた戦い

高校紛争 1969-1970 - 「闘争」の歴史と証言 (中公新書)高校紛争 1969-1970 - 「闘争」の歴史と証言 (中公新書)
(2012/02/24)
小林 哲夫

商品詳細を見る


書店で見つけ、迷わず購入しました。
1969~1970 というたった2年間の闘争。

私が都立高校に入学した時には、紛争に参加した学年はもう、卒業していました。
たった1年の違いですが、まだ学校内にはその名残が残っていた。

どことなく殺伐とした、荒れた空気。
先生たちは微妙に生徒たちと距離感を取り、決して近づかなかった。

高校生というのは厄介な年代で、かまわれれば「ウザイ」とはねつけるけど、
敬遠されているのがわかると、「寂しい」と甘ったれる・苦笑
なにか「おかしい」空気であることは感じていました。

それが、この「高校紛争」に原因があったとは。

都立高校で一番激しい闘争を繰り広げたのは、青山高校、通称青高でした。
当初、一部過激な生徒が闘争に走っていると冷ややかな視線で見つめていた一般生徒が闘争に加わったのは、
学校が「外苑祭を中止」という通達を出してから。

いまでも、青高出身のOBたちは、「青高って、外苑祭がなければ何の意味もない学校だから」と言うくらい、
外苑祭という学園祭への思い入れの強い学校です。

そしてもう一方の理由は、
「学校群制度」導入。

青高で最後まで激しく抵抗した生徒は、第一志望が日比谷だったといいます。

行きたいと思った学校に憧れ、一生懸命勉強したのに、その願いがかなわない。
学力が足りないならまだしも、大人の作った「都合」で機械的に振り分けられた結果だとしたら、

その生徒たちの無念の気持ちは、察するに余りあります。
      ・・・・・・続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。