スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア団体戦

う~~~~~~~ん、
転倒したとはいえ、浅田選手の点、低すぎるような気が・・・。

しかも冒頭の音、絞られていたような。

かつて旧ソ連時代、ライバルの日本選手を閉じ込めて、試合に出られないように画策したこともある国ですから。
なにがあるかわからない。

浅田選手が出てきた時の、あの威嚇するような「ロシア・コール」。

シングル戦のまえに経験しておいてよかったのだと、前向きに考えたいです。

負けるな、
頑張れ!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一人だけ低くつけるジャッジがいましたね。コーチの声も良く聞こえなかったみたいだし。

でも先に経験できてよかったです。
戻って来た時に鈴木選手がそっと背中に手を添えたのが素敵でしたね。

バレエの国では

欧州やロシアのように バレエが盛んで
浸透している国では ジャンプはあまり
重要視されていないようですね。
「飛んだから なんですか?」みたいな
空気があるようで 真央ちゃんの3Aも
だからどうした!って感じの採点だったの
ではないでしょうか。
逆境の中で 強さを発揮する真央ちゃん♪
頑張れ~~~。

Re: No title

>げんこさん

もうね、点数のことは気にせず、自分の思うとおりの演技だけに集中してほしい。
そして、五輪が終わったら、佐藤ゆかさんのように、アメリカにでもどこにでも行って、
プロになってほしいと思います。

クソ連(スケ連の別名です・苦笑)のために奴隷にされるのは、もう気の毒すぎる。

Re: バレエの国では

>もにもにさん

いや、いまの採点方法がおかしいんですよ。
プルシェンコは、茶番(バンクーバー)の時にはっきり抗議しています。
あの時の金メダリスト、ライサチェックもキムヨナも、どこの国のアイスショーからもお呼びがかかりませんしね。

今回の団体見る限り、完全に出来レースだし、
国際クソ連(あ、スケ連ですね)は、自ら首を絞めましたね。
もう、ファンは冷め切っています。

リプニツカヤ、一見ノーミスだけど、見逃されているミスがたくさんあるし、
それはライサやヨナの時と一緒ですもんね。
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。