スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都内の高校入試

どの私立も都立も、学校説明会が佳境に入ってきます。
中学3年生の内申も、おおよそこれくらいと目星がつき始めるので、
実力相応校への見学、抑えの学校への説明会などなど・・・・、

定期テスト、塾の模試の間をかいくぐり、親子で奔走する時期ですね。


例の殺害された女子高生の学校ですが、
偏差値を見て驚きました。
10年前に比べると、偏差値が10も上がっている。
これはちょっと・・・、操作もあるかなと勘ぐりますが・苦笑、


都内の高校受験では、都立と私立で子供の分配を決めます。
ちょっとえげつない言い方ですみません、
これは高校浪人を出さないためですね。
団塊の世代のころから始まり、生徒全員を都立で受け入れられるわけではない当時人数が多かったので、その分を私立に受け持ってもらう。
この時頭を下げたのが、ずいぶん長い引きずって、都内では私立のほうが力が強かった。
議員にお金出して・・・・ってのもあるしね。

それが行き過ぎたことから都立高校改革となったわけですが、

私立の場合は、併願校として何千人もの受験生が受ける学校もあり、
また事前に協議して、受験生全員が合格する学校もあります。

女子高生の学校は、後者だったようですね。
だから、
「倍率1倍」=人気がない、レベルが低い、とは決めつけられないんです。

この学校も努力してここまでレベルアップしてきたのに
特にこれくらいの学校は、AOや推薦での大学進学に力を入れているので、
この事件で足を引っ張られるのは気の毒な気もします。

学校側に責任があるわけじゃない、
今回は本当に個人の問題で、どの学校で起きてもおかしくないわけだから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。