スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重県女子中学生殺人事件

今年の花火大会は、
大雨で中止やら、爆発、火災など、いろいろな事件がありましたが、
最後の最後まで、後味悪い終わり方。

8月の最終日曜日、三重県の花火大会の後で、女子中学生が行方不明になり、
遺体で発見されました。


いろいろと言いたいことはあるわけですが・・・・・、
近しい年ごろの娘を持つ身としては、
中3の受験生で、深夜近くまで出歩くことを、黙認していたというのが気にかかる。

同級生(同じく受験生ですよね)の、「これからカラオケに行く」というメールも深夜。

「都会と地方では危機管理が違う。
女の子でも人気のない道を歩くのは当たり前で、周囲にも違和感はない」という意見もあります。
そういえば、小学生が男から滅多打ちにされ、重傷になったのも、人けのない道を一人で歩いていたから・・・、でしたっけ。

事件現場の住人のインタビューでは、
「とうとう起きたか、という感じ」
「女の子一人で歩かせる道ではないですよ」
「不審者が出ているという情報はあった」、と。


やるせないです。
ほんの少し、周囲が気を配っていれば、防げた事件かもしれなかった。

もっと悲しいのは、
こういう事件の性質として、被害者の人格が貶められるような書き込みが、ネットに散乱しているということ。

こうやって、亡くなった後でも、被害者は二重三重の被害を受けるんですね。


不用意だったから、事件に巻き込まれてもしようがない。
そんなのは、違う。

犯人が悪い。


たった数日前にお誕生日を迎えたという女の子。
お友達と花火を見に行き、どんなにはしゃいでいただろう。
そのあとにこの子を襲った運命を思うと、切なくてやりきれない。

この子の未来を奪った犯人を、絶対に探し出してほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。