スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の家を片付けて・2

粗大ごみの始末も大変。

大きさ図って、粗大ごみセンターに申し込みの電話をかけて。
なかなかつながらないんですよね。これが・苦笑

結局4回に分けて出したわけですが、
1回目、
出しておいたごみが、

なんと!!
持って行かれちゃったんですよ!!! @@@@@

ごみ処理券、貼って出しておいたのにね~。
それにしてもあんな古びたミシンやら、足踏みの健康器具とか、
どうするんだろうねえ。

回収に来たセンターの職員さんが、数が合わないというので、事情を話すと、
「ああ~~~、よくあるんですよ、
 たまにね、持ってったものを、使えないと返す場合もあるんで、
その時はこっちも控えてありますから、センターにまたご連絡くださいね」


今に至るまで、
返されていない ので、安心(?)してもいいんでしょうけど・苦笑

で、そのあとは賢くなって、持って行かれそうなごみは、
回収申し込む前に家の前に出しておいたら、

電子レンジはなくなっていました・笑

思いがけないところでは、3段の押入れ箪笥。
箪笥と言っても高価なものじゃなくて、プラスチック製のものなんですが、

おばさんが律儀にも、
「持って行っていい?」と尋ねて持っていかれました。
畑の何とかに使うんだそうで。

まあ、いろんな使い道があるもんですが、

不用品は、粗大ゴミに出す前に、家の前に出しておきましょう・笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。