スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の家を片付けて・1

長女の部屋が手狭になり、
本やら何ならであふれかえっております・苦笑

どうしたものかと首をひねった挙句、真向いの親の家を使うことを思い立ちました。
二階に3部屋あるうちの、2部屋を使います。

メインが母の部屋で6畳、勉強部屋に使うのが父の部屋で4畳半。

母が亡くなり、父は寝たきりで現在も入院中ですが、帰ってくることは不可能。
10年近くたちますが、
それでも親の家って、片づけることができないんですね。

特に、いま寝たきりの父なんて、病院から洋服を返されたのが2箱あるんですが、
開けもせずにそのまま放置していました。


なので、これをきっかけに片付けようと・・・・・。

まあ~~~~~~、
時間と手間のかかること!!・苦笑

1か月近くかかってやっと全部収まりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。