スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会

P1010064 (800x600)

「貴婦人と一角獣展」
素晴らしかったでございます。
これが織物とは信じられません。

音声ガイド、日頃は頼まないのですが、今回は、
池田昌子さまと、池田秀一さま!

メーテルシャア でございますよっ!!!
というので迷わず500円出しました・笑


「夏目漱石の美術世界展」
これも文句なく素晴らしかった。
漱石がロンドン留学していたころに、ラファエル前派が活躍していたんですね。
以前にロセッテイや、ミレーがモデルのドラマを見たことがあるので、
大変、大変、なつかしく、

漱石の描く女性の中には、「悪女」っぽいタイプや、
その当時にしては自我の強い女性が出てきますが、
ひょっとして、
ラファエル前派の描く、「ファム・ファタール」に影響されたのかしら・・・・なんて、
妄想やら想像やらたくましく。

ミレーの「オフィーリア」がリアルで見られたことは、大変大変、うれしかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。