スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの気持ち

the_bridge_s1.jpg


スパドラで放映していたデンマーク・ドラマ「ブリッジ」がとうとう最終回。
アメドラだったら助かるはずのアウグスト(ローデの息子」が、予想外にも助からず・・・。
両親の離婚で傷つき、引きこもって父親の後妻からもいい顔をされず、
それでもやっと立ち直りかけて就活もしていたのに・・・・涙


このドラマでは、もう一人、両親の離婚で居場所を失った少女が出てきました。
心を病んでいる母親は、食事も与えてくれず、父親の家に行けば、後妻に嫌な顔をされて。
最後は犯罪に巻き込まれ、殺されてしまいました。


「愛さえあれば」でも、フィリップの息子パトリックは、いつも父親の顔をうかがっておどおどしている。
その息子の気持ちに気づかない父親。
夕食のテーブルでワインを取出し、「どっちがいい?」と甘えるように父親に尋ね、「どちらでもいい」と無造作に突き放されて、戸惑う場面が印象的。
story_photo5.png



フィリップの亡くなった妻の妹、ベネデイクテは、ずっとフィリップに恋している。
夫とやっと離婚し、晴れてフィリップは自分のもの・・・・ と思ったところに、イーダが現れておじゃんになってしまうんですが・苦笑
彼女の娘は心を病んでいる。
まるで母親への復讐のように、自分自身を痛めつけている。
cast_photo5.png



自分の問題で手いっぱいの親たち。
置き去りにされてしまった子供は・・・、そりゃ、つらいわよね。

結婚式を取りやめたあとで、パトリックを思い切り抱きしめたフィリップの涙が、救いでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。