スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講道館は、世襲制?

全柔連、18日の理事会で誰一人責任を取らず、執行部会の顔ぶれは変わらず。
上村体制続投は、あらかじめ決まっていたと言います。

実はこの会に、会長支持派の嘉納行光・講道館名誉館長が同席。
この名誉館長の、「一枚板になって乗り切ってほしい」と話したという。



現在、全柔連に役職のない嘉納氏は、本来理事会に出る立場ではない。
柔道界を代表する理事会メンバーは、内向きの倫理に支配されたまま、組織の改革を先延ばしにした。
~3月19日朝日新聞


こちらもあきれてものが言えない。
公の組織を私(わたくし)することが、許されるものか。


剣道も柔道も、
武道は人格形成
なんて、口が裂けても言ってほしくない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。