スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸がんワクチン、重すぎる後遺症、死亡例も

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130313-00010009-jisin-soci

子宮頸がんの予防にと、導入された経緯がなんだかバタバタで、
胡散臭さを感じたので、娘たちには受けさせていません。
日比谷のママ友のなかにも、「受けさせていない」という人が多かった。
はっきり言ってしまえば、性感染症でしょう。

いきなり 子宮頸がん という言葉がマスコミに出てきて、
撲滅運動をしていたモト女優さんが議員になったり、
あっというまに、ワクチンの導入が決まっていた。
それも、無料で。

なんだか、きな臭いよね。

結果として、受けさせなくてよかった と思うけど、
後遺症を背負わされたお子さんは・・・・・・。
子どもに良かれと思って、受けさせた親御さんのお気持ちを思うと、やるせない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。