スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都立の文化スポーツ推薦

「生徒を縛る推薦再考を」~1月23日東京新聞「発言」より
都立高校でも昨今では一般の試験を受けずにスポーツ推薦で受験することが可能です。
その場合、模試部活あるいは学校をやめてしまったら、翌年からはその出身中学校を推薦枠から外し、後輩が推薦を受けられなくなるそうです。

投稿者一般男性


この記事を読んでビックリしました。
都立高校にこんな制裁措置があるなんて、聞いたことがありません。
事実関係を確認し、投稿としようと思っていたら、

「都立校の特別推薦 ペナルテイーなし」
という記事が、翌日24日に掲載されました。

都立高校ではそのような取り扱いは一切行っていません。
仮に何らかの事情で部活動を辞めたとしても、本人はもとより出身中学校に対して、何らペナルテイーはありません。
~略
間もなく都立高校の推薦入試が始まりますが、受験生の皆さん、これまで培ってきた力を十分発揮できるよう、安心して受験してください。

東京都教育庁都立高校教育部
入学選抜担当課長


投稿者はおそらく、文化スポーツ枠推薦の趣旨を間違えておられるのでは、と思います。
都立高校に限って言えば、単にその部活を強くするためだけに推薦枠を設けているわけではありません。

「部活をがんばる子は勉強も頑張る。
何事にも前向きで意欲的なので、学内でリーダーシップを発揮し、
他の生徒を引っ張っていってほしい」

(某都立高校長)
日比谷じゃないですよ・笑

詳しく見ればわかりますが、
硬式野球部、日野の6名は断トツですが、
東大和、雪谷でさえそれぞれ2名、3名です。
豊多摩の硬式野球部も2名、ラグビーも2名。

とうてい部活強化に足りる人数ではありません。

文化スポーツ推薦枠を設けているのは、中堅校がほどんどです。
それぞれ学校に特徴を持たせ、受験生が選べるようにという目的もあります。

http://www.studyh.jp/guide/result/03.html

高校受験のシステムは頻繁に変わります。
保護者も受験生もそのたびに振り回されて右往左往してしまいますが、正しい情報を手に入れて、
後悔のない受験をしてください。
それにしても、この記事見た教育庁の関係者は、ビックリ仰天だったでしょうね・苦笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。