スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火のないところに煙は立つ

長女は中学では、吹奏楽部でした。

この顧問が、上昇志向の強い音楽教師(女性)。
かなり強引な人でしたが、そのぶんカリスマ性もあり、子どもたちを引っ張って、人気の部にしていました。

2年生になってからの最初の部活保護者会で、
打ち合わせが終わり、帰ろうとしたところで、3年生のお母さんが立ち上がり、発言しました。

「うちの子がいじめをしているという噂がありますが、それは事実無根です!」
目は吊り上り、口から泡を飛ばしてすごい勢いでまくしたてました。
異様な雰囲気に、2年生保護者たちはあっけにとられるだけ。

もちろん、学年が下の私たちは、ひとことも口をはさむことは出来ず。

3年生女子の中でいじめがあるという噂は聞いていました。
長女の話では、いじめられている子は勉強ができて性格もよく、顧問のお気に入り。
それをねたんでのことでは・・・・、
ということでしたけど、きっかけは些細なこと。
いつもいじめって、些細なことから起きるんですね。

その前の年のコンクールで、彼女が楽器を置いた時に大きな音を立てた、
そのせいで銀賞になった、というもので、これはもう、難癖のレベル。

そして、まくしたてお母さんの子が、中心人物でした・苦笑

そんなもんですよね。
いじめている子の親は、絶対認めない。

そしてその後、「(この事件に関して)2年生の保護者がああいっている、こういっている」という、事実無根のうわさが立てられました。
誰がそんなこと言ったんでしょう。

誰も言っていないのに、うわさって立つもんなんですね・苦笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。