スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんが言ったでしょ!

「白鳥」を見に行った友人との会話。


3幕目の舞踏会の後で・・・
だからお母さんが、由緒正しい女の子を探してきてあげたでしょ
それなのに、森の中で1回だけ会った女の子がいいだの、自分で探すだの、わがまま言うからこんなことになるのよ!
なんちゃって・笑」
友人(21歳の男子の母)
「あの姑じゃあねえ、何かにつけて白鳥あがりが! とか、上から目線でイビラレそう・・・」


「1年もたったら、王子に飽きていそうじゃない、
素直すぎて物足りないし。
苦労するかもしれないけど、ロットバルトのほうが、メリハリあって面白そうな人生」

結婚25年もたったおばさんたちの、たわごとです・笑

やっぱり、「白鳥」は素晴らしい。
音楽込みで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。