スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞出版が「おわび」

朝日新聞出版が「おわび」
週刊朝日の橋下市長連載で~10月19日朝日新聞

「週刊朝日」10月26日号に掲載された橋下徹・大阪市長に関する連載時期に関して、
同誌編集長によるお詫びのコメントを発表。

これはねえ・・・、
週刊誌の見出しを見たときに驚きましたし、
市長の会見も偶然ですが、見ましたが・・・・、


週刊朝日の編集長、小学館から朝日新聞社への途中入社組なんですね。
小学館って、差別問題にかなり敏感な会社です。
言葉の一つひとつ、厳正にチェックされる・・・・・はず。

そこで教育を受けた人がやることとは思えない。
記事の内容は、いままでにもマスコミが散々取り上げたことで、
何をいまさらと思う部分もあり・・・・、
表に出ていることだけでは、判断しきれない問題かもしれません。



それにしても書いたご本人が、「編集部に聞いてくれ」って、
この発言はあり得ないと思いますね。
それなりに腹くくって書いたことなのだろうし、
でなければ書けない問題ということは、はじめからわかっていたはず。
本当だとすれば無責任だし、書き手としてそもそも成立しない。

編集長も、担当編集者も、書き手も、一緒に心中するくらいの覚悟がなければ、
買いてはいけない。
その度胸もないのに書くのは、ただのイジメ。
自分で自分の首を絞めている。

こんなんだから、ジャーナリズムは死んだと言われる。
情けない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行き過ぎ

週刊朝日の記事は読んでいないのですが 
橋下市長の言っている事を聞くと なんとなく
想像できます。
日本は まだまだ 血脈にこだわるというか
あの家の子だから 親があの人だからという
ような風潮が 濃く残っていますね。
もうそろそろ 人は個人、個人だという風に
変わる時期だと思いますが。
血脈から生まれる才能は 遺伝的に無視が
できませんから 世襲が悪いとは言いませんが
親が医者だからとか 教員だからとか 政治家
だから子どももって・・・ああいうのは 向き、
不向きがありますしね~。

Re: 行き過ぎ

>もにもにさん
この件は、ある法案がらみで、橋下と朝日の出来レースでは、という噂があります。
これだけの内容を出すには、編集長クラスの判断ではできないはず。
どうにも不自然です。

誰の首も飛ばなければ、このうわさが本当ということでは、と思います。
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。