スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所トラブル

女性殺害、近隣トラブルか
世田谷、元警視の86歳容疑者自殺

~10月11日、朝日新聞

文字通りの事件ですが、殺害した容疑者(自殺)は86歳。
被害者の女性は62歳。

最近急増しているご近所トラブルの中で、殺傷事件に発展しているものを
テレビで取り上げていたけれど、加害者のほとんどが60歳以上、7~80代というものも。

リタイヤして一日中家にいる状況だから、一度気になるとどうしようもなくそのことばかり考えてしまう。



年を取って枯れる、ということがなくなった。
いつまでも、我にこだわる。
こだわると折れることができない。

趣味のサークルならまだしも、隣り合わせの家同士であれば、逃げ場がない。
被害者の女性、かなり不潔な生活のようで、大家さんからも注意されていたらしい。
猫を10何匹も飼っていたとか、
テレビの画面で見ても、まるでごみ屋敷。


いくつもの不運が重なって、殺害事件に発展したのだろうけど、
どこかで歯止めがきかなかったものだろうか。

私も以前住んでいた隣が猫屋敷で、そこの奥さんは放火魔!でした。
こっちじゃなく、向こう隣の路地の家いえに、火をつけて歩くという・・・・。
でも、精神的な病気があるので、逮捕できなかったんですね。
何度もあっちの家の住人は追い出され、
あるとき、ちょっかいだした別の家のご主人が強い人だったので、ご近所をまとめて
断固抗議、
ついにその家から追い出しました。

あの奥さん、どこに行ったんだろう。。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イメージ

高齢者が加害者になる事件が多いですね。
私のイメージの中では 高齢者=忍耐の人
でしたが それは覆されつつあります。
元気になったからか(^^;) それとも もう後も
長くないので我慢するのがバカらしく
なったのか・・・。
でも やっぱり事件を起こす人は 短絡的で
問題のある人ですね(^^;)

Re: イメージ

>もにもにさん

> でも やっぱり事件を起こす人は 短絡的で
> 問題のある人ですね(^^;)

そうなんですよ、
今回の加害者も、人格者と言われている反面、奇行が目立ったみたいですね。
もともと頑固な人だったんでしょうが、ひょっとしたら病気>認知症だったかも。

そう思うと、やりきれないです。
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。