スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隅田川考

その昔、一中の生徒は、隅田川で水練していたという話を聞いたことがありました。

大好きな作家さん、芝木好子さんは浅草の呉服屋さんの娘さん。
なので、作品にも、隅田川をはじめ、良く川が出てきます。

そのものずばりの「隅田川」、「築地川」、
そして、「道明」がモデルと言われる、「隅田川暮色」。

一番好きなのは「面影」ですが、ここにも川が出てきます。

彼女の作品の大きな特徴って・・・、
いい男が出てくるんです!! ・笑

花柳界や板前さんの世界を、ほんとにリアルに描き出されている。
私が料亭文化や芸妓さんの世界に興味を持つのは、柴木さんの影響です。

全部さらけ出して書かない、寸止めですらりと身をかわして上品さを保つ、
そんな作風は、彼女が江戸っ子だからでしょうか。
例えば「大学は赤門」とかね、そういう言い方。

粋です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。