スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりね

ちょっと記事が前後しますが、

例の天野先生の奥様、
やはりバッシングが出てきたようで。

舞踏会で踊らなかった、という話を聞いて、
自粛なさったのかなとは思ったんですが。

ちょっと変わった人を見ると叩く。
ちょっと恵まれているように見える人を叩く。

黙っていられないんですかね。
天野夫人だって、昔からやりたい放題ってわけじゃないでしょう、

ご主人、大学の研究者ですよ?
固く真面目に暮らしていらしただろうと思います。
お子さん二人を見れば、わかる。

のびのびと、きちんと育っていらっしゃるじゃないですか。

今までの苦労が報われた人たちを、一緒にお祝いしてあげられないんですかね。
だから島国根性って、嫌い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。