スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手の危機管理

昨日の堀越VS三鷹戦でも、最後のほうで三鷹のゴールキーパーと堀越の選手が
激突、三鷹のキーパーが2分ほど起き上がれない事態があり、
思い出したのがGPS中国戦での、羽生、ハンヤンの激突事故。

海外でフィギュアスケーターとして活動している方のブログには、
その地での選手たちの、
「欠場して諦めるなんてできない」
「最後までやりとおしたことは良い見本にこそなれ、悪い見本にはならない」、
という言葉が引用され、

結局、決めるのは自分(この場合は羽生)だから。
とあったんですが・・・・、

選手はそう思うでしょう。
その試合のために、日々練習し、辛い思いに耐えているんだから。
でも、やっぱり違うと思う。

各界からは、こんな反応

やっぱりここは、
連盟が対処すべきでした!

それにしても、海外の選手からもこんな言葉が出るなんて、
フィギュア・スケートが危機管理、事故に対しての認識が甘い競技だってこと、
露呈しているようなもんで・・・。
驚きました。
カナダのスピードスケート連盟が、選手が脳震盪を起こした際の対処を独自に決め、ISUに対してガイドラインの設置を提言しているというから、
ほんと、遅れているんですね~・・・・・・溜息


一部の羽生ファンのコメントにもビックリしたんですが、
ほんとに、NHK杯に出てほしい?
GPFに出てほしい?

私はきちっと休んで身体を治し、調整したうえで、
ワールドの金を目指してほしいと思うよ。
それが五輪の金メダリストとしての矜持じゃないの?

今回、一番納得したのはこちらのブログのこの記事
プルさんの言うことは、ごもっとも。
こんな試合で潰していい選手じゃない。
正直言えば羽生は苦手な選手なんですが、それとこれとは、別。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に

現在の体の調子は どうなんでしょうかね?
これが 引退前の最後の大会なら強硬出場も
わかりますが まだ若い これからの羽生選手が
無理して 選手生命が絶たれるような事になって
いたら・・・と思うと ゾっとします。
本人が出たいのは当然ですが 周りが止め
ないとね。羽生選手だって これが スケーター
人生最後の試合には したくないはずだし。
次のGP出場権が無くなるとか・・・それが
人生の中の1年だったら 休んだとしても
長い目でみれば どうってこと無いのに
選手としての短い期間の中での1年では
羽生選手の気持ちの中では 休むわけには
行かなかったんでしょうね。
あの 複数人での練習も どうにかならない
ものでしょうかね?

Re: 本当に

>もにもにさん

いろいろと言われる羽生選手が一番気の毒です。
アマチュアはしがらみが大きいので、選手個人が「選ぶ」ことはできないんでしょう。

プロのほうがむしろすっきりしていて、気持ちいいです。
フェデラーもよく棄権しましたね、
錦織の対戦相手も棄権したし。

羽生で長く商売(?)したいなら連盟ももっと、考えるべきです。
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。