スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村の運動会並み?

アジア大会、福原愛選手が史上最も不可解な卓球台に遭遇

昨日は、卓球の女子団体戦で準優勝、
世界ランク2位の選手に勝つという快挙を遂げた福原選手。

まさか、こんな目に合っていたとは・・・。

この大会、
バトミントンで不思議な風が吹いたり、
フェンシングでは入っているはずの一本が入っていなかったり、
サッカーではしてはならない政治的利用がまたまたなされたり、
モスレムの方々には食事に関しての配慮がなかったり、
食事が非常に非常にまずい、などなど、

おかしなことばかりで、
中国メデイアからは「村の運動会並み」と酷評されたわけですが、

それは村の運動会に失礼!
村の運動会では、サルモネラ菌に汚染されたお弁当なんて配られないし、
みんな同じ条件で和気あいあい、
最後は打ち上げまでして楽しめるのに。

このレベルの低さ、冗談じゃ済まされません。
冬季五輪、ほんとに大丈夫なんだろうか・・・。

また大恥かくのはかの国なんだけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。