スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみ☆

9307f2ce4bf672bc_S2.jpg
台湾ファンになってから、ネットでいろいろ調べていたら、こんな映画が作られていたんですね
「KANO」

弱小台湾チームが甲子園出場を果たし、
並み居る強豪を次々撃破、ついに準優勝を果たすという実話。
今年台湾ではすでに上映され、記録的な大ヒット。

夏の甲子園には、制作陣とキャストたちが甲子園に「聖地巡礼」に来ていたという・・・。
何度も思うけど、
どうしてこういういい話、もっとマスコミは取り上げないかなあ!

動画は→こちらから


もう一つ、日本統治下で起きた最大の反乱、
霧社事件をもとにして作られた、「セデック・バレ」
「抗日を描いているけれども反日ではない」と、
日本人にもファンがいるようで、アマゾンのレビューはかなりの高評価。
セデック・バレ 第一部:太陽旗/第二部:虹の橋【通常版 2枚組】[DVD]セデック・バレ 第一部:太陽旗/第二部:虹の橋【通常版 2枚組】[DVD]
(2013/10/31)
リン・チンタイ、マー・ジーシアン 他

商品詳細を見る


ちょっと・・・、「もののけ姫」を思い出しますね。
宮崎監督がこの話を知っていたら、アニメにしていたかも。

しかし・・・、
これらの映画が、なぜ日本で作られなかったんでしょうね。
とても残念です。

年末には「バンクーバーの朝日」が公開されるけど、
フジだしねえ・・・・、
劇場で見るかは思案中です。
こちらも「バンクーバー朝日軍」という実話をもとにしています。
もとのお話は、かなり感動的です。
それをどう料理しているかが、問題なんだけど・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。