スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占い横丁・私編

台北で有名な、占い横丁。
地下鉄ですぐに行くことができました。

席に着くと、名前と生年月日を書きまして・・・、
最初に先生、ひとこと!

「あなたの結婚運は、とても弱い。
(ちらっを娘を見て)
だから、ダンナは恩人!」

大爆笑、
その通りだわ!
結婚運が弱いというのは、なかなか結婚できない、という意味ですね。
これ、二十歳の時から見てもらっていた先生から指摘されて、ずっとそれで苦労してきたので・・・

「ダンナは恩人!」

帰国したらさっそく夫に伝えて、持ち上げとかねば!・笑

総合的にいろいろ見ていただいたんですが、
あなたは水はダメ!
というのも、納得。
実は泳げないんですよ。
何度トライしても、どうしても駄目だったんだけど、ここでその理由が判明 てのも大袈裟だけど・笑

「海に行くときは、誰かについてきてもらいなさい」
というのは、ちょっとぞっとしました。

心臓が弱いということ、血圧が高いか低いかするので、簡単な運動をしなさい、
そうすれば長生きできる、と。

「あなたは同居はダメ、
ダンナとも距離を持ったほうがいい」
距離も何も、物理的に離れているんですが、

長女が子供のころに、
「うちのパパとママは、離れているから持っているんだね」と思っていたというのを最近聞いたばかりで、

亭主達者で留守がいい、
ってのは、我が家の場合、神様のご差配だったのかも・・・・笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

へ~

多々 当たっているんですね!
それにしても ダンナは恩人!って
つい 笑っちゃいました(笑)

Re: へ~

>もにもにさん

ビックリしたのは、こちらの話は全く聞かず(爆)、
先生が一方的にまくし立てて、それがほとんどあたっていたこと!

「ダンナは恩人」って、確かにその通りなので・激爆
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。