スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフューム

パフューム ある人殺しの物語 [Blu-ray]パフューム ある人殺しの物語 [Blu-ray]
(2012/07/03)
ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド 他

商品詳細を見る


ケーブルで見ました。
グロっぽい画像がふんだんに出てくるのに、なぜか気持ち悪くはない。

耽美派っぽい画像のせいでしょうか。
「ある人殺し」、というよりも、「あるヘンタイ」の話と言ったほうがいいような・苦笑。

気持ちが悪くならないのは、主人公に性をかんじないからでしょうか。
オタクちっくに処女の美しい女性の体臭にこだわり、それを収拾するために殺しを重ねていく。

支援のベン・ウイショーはとびきりのイケメンっていうわけじゃないけど、
しぐさが美しい。
「テンペスト」の妖精を演じた時にも、そうでしたっけ。

におい・・・・・、
嗅覚というものは、人間の脳の一番原始的な部分に働きかけるものなのかも。
理屈ではなく、
だから娘を殺された父が犯人の彼の前にひざまずき、
750人の人々がわれを忘れてセックスしてしまう。

好みの映画ではありますが、見るには体力がいる。
悪夢だけれども美しい、
そんな映画。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。