スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識、非常識がわからない

我が家の向かいの家なんですけど、

去年の夏、中3の長男が部活引退した直後、
子どもたちが大勢集まって、夜にどんちゃん騒ぎ。
9時過ぎても収まらず、結局12時過ぎに帰っていきました。

その後数日して、この家で大騒ぎが。
息子がなんだか、ごちゃごちゃ文句言う傍らで、奥さんもなんだか言っているみたい。
「俺が悪いっていうのかよ!」
というオヤジの大声が聞こえて・・・・・、

どうも、深夜遅くまで引きとめられた子供の親から中学に、文句がいったみたいです。
当然ですよね、自治体によって差がありますが、10時、11時以降、中高生がふらふら歩いているのは、
深夜はいかいと言って、補導の対象になります。

学校では、オヤジに伝達するのではなく、子供に注意をしたらしい。
まあね、日ごろを見ていたら、先生だって、話の通じるオヤジかどうかはわかるだろう。

このオヤジ、
中学生集めて、面倒見のいい自分に、酔っていたんでしょうね。

いい、悪いがわからない。
常識がわからない。

そういう大人が増えている・・・・・、ということが、恐ろしいんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。