スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大合格OO人

よく遊びに行くブログで、まあ、今年の大学受験の総括をなさっているわけですが、

地方からの東大受験が目立って減ってきているような。
ここ数年、その傾向は指摘されていましたが、
今年は埼玉浦和、愛知岡崎が合格者数を減らしていました。

なので、棚ぼた式にですが、日比谷が公立第一位ということに・・・、なったらしい
長女たちの学年以来、大きく数に変動はないので、
そのこと自体に、感動も感激もないわけですが。

岡崎は、名古屋大学がありますから、
東大=東京まで出てこなくても、ということかもしれません。
浦和は・・・、やっぱり男子校というのが響いているんでしょうか。
時節柄、仕方ないのかも。

で、地方は地元国立大の医学部に進学する生徒が増えているらしい。
確かに、東大出ても、所詮は勤め人ですから。

親にしても、地元に残ってくれるほうがありがたい、という気持ちもあるでしょう。

となると、今後の東大合格者は、首都圏の私立中高一貫が主流になってくるのでは・・・と、
思われます。
だからといって、私立中高一貫が優れている、というわけではもちろんありませんが。

一時期の東大ブームも去ったようだしね、
身の丈に合った・・・というか、その中で精いっぱい、個性を生かして進路を考えていくほうが、
いいんじゃないかなあ。

東大合格OO人、ということ自体に、意味があるのかどうか。
むしろ、それだけの学力のある子たちが集まる場所、ということであり、
その子たちと切磋琢磨(勉強だけじゃなく)しつつ、自分の進路を模索する、

その進路に進むことができるのが、学校の実力・・・・・、
という考え方も、あると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。