スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライ・ジャパン、感動をありがとう

日本は、予選で敗退。
いろいろな裏情報が飛び交っていますが、
よくやったと思います。

他国の試合を見ると、ガタイも違いすぎるし、スピードも、迫力も完全に違う。
むかしドイツとスエーデンの試合見た時には、戦車が走ってくると思いましたもん。

ギリシャ戦では「全員走れメロス」状態だし、
ギリシャの選手が3歩走るところを7歩くらいで走らないとおっつかない。

そんな中で、よくやったと思います。
サポーターも、マナーの良さで、世界から称賛されましたしね。

ワールドカップに行くだけでも大変なんだから、
まずは、感動をありがとう、夢をありがとう、
と感謝します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感動

まだまだ 世界に通用するレベルでは
無いと サッカー関係者や サッカーを
やってる当人たちも 分かっているはず。
なのに 4年に一度の お祭り騒ぎで
もしかしたら 前回より いいとこまで
行けるんじゃないかと 煽ってしまう。
地区予選を勝ち抜いて Wカップに
出場するだけでも大変なこと。
「世界の胸を借りて技を磨いてきます」
とか「少しでもレベルアップできるように
頑張ってきます」程度にしとけばいい
ものを サッカーという雰囲気上 つい
大口になってしまう(^^;)
一から 頑張って欲しいです。
こういうのを見ると 世界で頑張った
体操の内村選手や ジャンプの葛西
選手、フィギュアの羽生選手などは
改めて 凄いんだな~と思いました。

Re: 感動

>もにもにさん
マスコミが変な風に持ち上げるから、ファンもその気になってしまうし、
選手もそれに応えたいということから、大口?になってしまうんでしょうねえ。
かなり強いチームでも決勝リーグには進めなかったところもあるので、
これはこれとして、誰かのせいにするのではなく、結果をきちんと受け止めてほしいと思います。

ですよね、
内村選手やフィギュアの選手たち、改めてすごいと思いました!
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。