スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察が本気になれば

黒子のバスケの作者、ほっとしました~犯人逮捕を受けて


一年ほど前から作者に対して脅迫、
出身校の都立戸山高校や上智大学にまで嫌がらせを続け、

最近ではその脅迫がどんどんエスカレートしていた犯人が、とうとう逮捕されました。

当初は「実害がないから」と言って取り合わなかったという警察、
集英社が被害届を出して、とうとう動き出したとか。
グリコ森永事件を模倣して、脅迫の手紙やら毒入りのお菓子やら、
何もなかったからいいようなものの、

もっと早く警察が動いていたら・・・・と思います。
検挙率が落ちてきているのなんのと言われていますが、
本気になれば、

すぐに解決! じゃん。
スポンサーサイト
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。