スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育産業のブラックバイト

塾、個別塾ですね。

ずいぶん前から長女の話を聞いて知っていました。
「あそこはヤバい」「ここはダメ」という情報は、大学生の間で回ってくるんです。

個別塾の講師のバイト、
時給が高いので魅力的と思って飛びつくと、
とんでもない。

時間外の作業がけっこう多い。
事務もさせられる場合もあるし。

実働で換算すると、大したことがない、そんなケースもあります。
辞めたいと思っても、「代わりを連れてこないと辞めさせない」という塾も。

気を付けてください、
事前に情報を集めてからでも、遅くありません。
スポンサーサイト

本庄第一高校、サッカー部処分決定

韓国で集団万引きした、本庄第一高校のサッカー部の処分が決まりました→コチラ

万引きした部員は、無期停学以上、
監督は懲戒解雇。

妥当ともいえる処分ですが、これ、一番問題なのは、
学校側、特に引率した教諭たちが、軽く見てもみ消せるならもみ消そうとしたところ。
いまの時代、どこからでも情報は洩れる。

しかも相手が韓国! ですから、
相手が発表するということを考えなかったのか。
想定外としたら、甘すぎます。

韓国人のコーチが、親善試合を提案、そこから「交流」がはじまったということから、
ハメられたのでは、
という説もネットでは有力。

確かにそう勘ぐれば勘ぐれなくもないけれど、
どんなに好条件?がそろったにしても、
万引きしたのは自分ら(部員達)だからね。

以前にも、ある付属校の運動部員が、駅のホームで喫煙している、態度が悪いなど、
目に余るので動画や写真を撮って学校側に抗議した市民がいますが、
それに対して、
「なんですか、前途ある若者の将来を潰したいわけ?」と、学校側は完全に開き直った対応とかで、
激怒したという話を聞いたことがあります。

国内ならそれでも何とかなるかもしれませんが、海外ではね。
しかし、そういう指導をしなくちゃならない時代になったんですね、
日本も、日本人も。



韓国で集団万引き、高校サッカー部22人で

いやもう、
これはあきれるほかはないです。

一種の祭り状態でやらかしたんでしょうか。
それにしても、学校の対応が悪すぎ。
副校長の会見、他人ごとみたいな印象を強く受ける。

せっかく水泳、富田選手の事件が冤罪濃厚になってきたのに、
この裁判に影響がなければいいけれど。

子どもの過失、親の責任

子どもの過失、親に責任はどこまで?
最高裁は無罪判決


小学校の校庭で遊んでいた子供が蹴ったボールが道路に転がり落ち、
ちょうどバイクで走ってきた高齢者がよけきれずに転倒、

足を骨折して入院、その後寝たきりになり、1年半後に肺炎で亡くなった事件。

これは・・・、
ワタクシ的に、
損害賠償求めるほうも何だかねえ、という気が。

このお子さんの親は、入っていた保険で賠償しようとしたのを、
その金額では納得できないと、裁判に持ち込んだ、というので、
ちょっとそれは・・・・・・。

市や学校と訴えると時間がかかるので、親=個人を訴えた、とうのも、なんだかね。
お金が欲しかっただけ?

無罪判決が出て良かったです。
このお子さんの受けた心の傷が、とても心配。

そして、こんな事件があったにもかかわらず、相変わらずその学校のフェンスは低いまま、
放置されている。
これも、どう見ても無責任。

「餌」では、あかんやろ

大阪市給食を、「これ餌やで」と中学生、
橋本市長、激怒


餌かどうかは、写真を見ればわかりますが、
以前にふりかけが問題になったときにテレビ報道で大阪市の給食を見ましたが、

どうみても  でした。

子供を怒る前に、どうしたら食べてもらえるか、
工夫して、「家のご飯よりおいしい」という自治体もあるので、
栄養士さんたちの研修が必要なのではないか、と。

飽食うんぬんの前に、
学校でしか満足なご飯を食べることができない、
そういう子もいるんですよ、

忘れないでください。
プロフィール

真島久美子

Author:真島久美子
エッセイスト
56年生まれ、東京育ち
武蔵大学人文学部卒
漫画家としてデビュー後、
30回以上のお見合いを経て結婚、その体験を「お見合いの達人(講談社)として出版、ベストセラーに。
他には「たたかう!落ちこぼれママ」「兄弟は他人の始まり~介護で壊れゆく家族」「やっぱり公立!それでも私立?」など。
趣味は茶道、バレエ鑑賞
夫ひとり、娘ふたりの4人家族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
子育て・教育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。